新幹線でナンパをする方法

 

今回は、新幹線でナンパをする方法を教えます。

 

 

新幹線でナンパをするのにお勧めの方法は、

東海道新幹線と東北新幹線の、それぞれ

東京→静岡間、上野→宇都宮間を走る新幹線の

座席や通路で、単独の女性に話しかけることです。

 

 

何故かというと、この路線では、

出張や単身赴任、もしくは転勤などの事情で

仕方なく会社から降りた交通費を使って

新幹線通勤をしているOLが数多く存在するからです。

 

 

お勧めの時間帯は、

金曜日の17時台〜19時台の新幹線です。

 

 

普段乗らない人からしたら

意外に思われるかもしれませんが、

この時間は新幹線がかなり込むので、

自由席に座るのが大変になります。

 

 

僕も最初に入社した会社で

半年間、東京から宇都宮に毎週のように

出張する生活をしていましたが、

金曜夕方は自由席に座るだけでも、至難の業でした。

 

 

しかし、それは僕らにとっては逆に好都合です。

 

座席がなかなか空かないということは、

通路で見知らぬ人と鉢合わせになったり、

 

目当ての女性の隣の空いている席に

「仕方なく」座らなければならないという

口実を作り易いからです。

 

 

そして肝心の、一体何を話しかけるのか?

という点についてですが、これも簡単です。

 

 

新幹線内では、高確率で

話が成立する、魔法の言葉があります。

 

 

それは、

 

「すいません、この時間って、

 いつもこんなに込んでるんですか?」

 

 

これを言うと、

「状況の共有」をすることで二人の間に安心感が生まれ、

心理的な壁をぐっと低くすることができます。

 

 

相手がいつも混んでいるかを

実際に知っていても知っていなくても、

その事実を拾ってまた別の話題に持っていけば、

無限に話は広がっていきます。

 

 

また、逆にお客さんが全然空いていても

「すいません、この時間って、

いつもこんなに空いているんですか?」

応用して使うことができます。

 

 

新幹線はなかなか頻繁に

使うことは無いかもしれませんが、

ある意味人によっては非日常な空間です。

 

警戒心もきっと、道行く人達に比べると

緩んでいることが予想できます。

 

 

私も過去に、静岡から出張に来ていたOLと

一時間近く話し込み、連絡先を交換したことがありました。

勇気を出して話しかければ、

ガッツリ話せるチャンスは、十分にあります。

 

乗る機会があったら、是非チャレンジしてみてください。

 

 

追伸:

ナンパの土台となる、

圧倒的な「魅力」と「影響力」を手に入れた

「本能的魅力=I.Aメソッド」を

持つ男になる為の情報を配信しています。

 

ナンパの手法と自分の圧倒的な魅力を磨き、

「女性に品定めされる側」の男から

「女性を自由に選べる側」の男のステージへと

駆け上がりたい方は、登録をお願いします。

http://www.3sha-re.com/aff/4820/371/403/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ