ナンパの罪悪感をゼロにする方法

 

今回は、ナンパの罪悪感を

ゼロにする方法を教えます。

 

 

初心者が悩むポイントの一つで、

 

「ナンパをするのは、悪いことなんじゃないか」

 

という周りの目や罪悪感から、

声をかけられないことがあります。

 

 

ここで一番持ってもらいたいマインドに、

「ナンパは社会貢献活動である」

というものがあります。

 

 

 

 

確かに、ナンパをしたその場では、

「うざいんですけど」と言われたり、

無視や舌打ちをされてしまうケースもあります。

 

 

しかし、一度ナンパされた女性は、

その後、職場やプライベートで友人と会った際、

 

 

「実は私、先日ナンパされちゃって、

こんな事言われちゃったんだけど〜」

 

 

という、”ナンパをされた”という

経歴・ステータスを持ったことで、

人に話すことができるのです。

 

 

 

 

仮に、満足度の高い、楽しい会話や思い出を

ナンパで残してあげることができれば、

その相手の女性は、あなたと出会った時の出来事を、

一生涯、人に語り継ぐことができるのです。

 

 

つまり、ナンパはあなたが一方的に

相手を不快にしたり傷付けられたりする行為ではなく、

相手に思い出やステータスをプレゼントする

無性の社会貢献活動なんです。

 

 

 

 

それに、女性があなたに冷たく接するのは、

決してあなたのせいではありません。

 

 

その女性は、たまたまあなたと会った時に

彼氏とうまくいっていなくて

単に機嫌が悪かっただけかもしれません。

 

 

就職試験や仕事・勉強が

うまくいっていないということが

理由かもしれません。

 

 

 

つまり、相手の対応が悪い事を、

自分の責任だと思い込む必要など、

どこにも無いんです。

 

 

 

 

そういった心構えを前提にすると、

知らない女性に声をかける罪悪感はゼロに近付き、

結果として声をかける数が増え、成功事例も増えます。

 

 

なので、

 

「社会貢献である」

「自分のせいではない」

 

この二つを念頭に置いた上で

ナンパをするようにしましょう。

 

追伸:

ナンパの土台となる、

圧倒的な「魅力」と「影響力」を手に入れた

「本能的魅力=I.Aメソッド」を

持つ男になる為の情報を配信しています。

 

ナンパの手法と自分の圧倒的な魅力を磨き、

「女性に品定めされる側」の男から

「女性を自由に選べる側」の男のステージへと

駆け上がりたい方は、登録をお願いします。

http://www.3sha-re.com/aff/4820/371/403/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ