ナンパにかかりやすい女の子の特徴とは


今回は、ナンパにかかりやすい

女の子の特徴についてお話したいと思います。

 

ナンパにかかりやすい人は、

一言で言うと「隙がある人」です。

 

 

特徴として具体的な主な事例を3つ挙げると、

 

「歩くのが遅い」

「食べ物を食べている」

「服装がおかしい」

 

この3つが挙げられます。

 

 

 

 

何故かというと、これらに該当する人は、

誰かに話しかけられたり、

何かを提案されることに対して

警戒心が低く、拒否するためのコミュニケーションを

取れない状態に入っている可能性が高いからです。

 

 

例えば、歩くのが遅い人は、

大抵、何か他のことをぼんやり考えながら

歩いていることが多いです。

 

 

話しかけた時にビックリして立ち止まったり、

話に対する返事をして

会話が続いたりするケースが多くなります。

 

 

 

 

食べ物を食べている人も、

その食べること自体に意識が向いており、

警戒心が低いという点が挙げられます。

 

 

そしてさらに、食べているものに対して

「何食べてるの?」

「俺もそれ食べたい」

と話しかけるネタにもなります。

 

 

服装がおかしい、というのは、

ファッションセンスが何かズレている人、

一部だけ妙に変なものを身に付けている人です。

 

これは言葉ではうまく

伝えるのが難しいのですが、

 

例えば、トップスもパンツも靴も小綺麗なのに

バックが妙にダサイとか、

ストラップがくまもんだったりとか、

そういう感じです。

 

 

 

 

逆に、上から下まで全部ブランド尽くし、

髪や肌のケアも化粧もバッチリ、という人は、

傾向として、なかなかナンパは上手くいきません。

 

 

何故かというと、そういう人は

人から見られていることに普通の人よりも

何倍も意識が向いていたり、

セルフイメージが高いことが多いからです。

 

 

 

 

ファッションセンスが

ズレている人というのは、これとは逆に、

人から見られているということに対する意識が

そこまで高くなく、だからこそ油断をしていたり、

会話が成立する可能性が高いのです。

 

 

 

 

以上の理由から、

 

「歩くのが遅い」

「食べ物を食べている」

「服装がおかしい」

 

この3点のどれかに該当する女性は、

ナンパにかかりやすい女性と判断し、

積極的に声をかけていくことをお勧めします。

 

 

 

 

しかし、念頭に置いて頂きたいのは、

あくまでも確率論だということです。

 

 

これらに該当していない女性でも、

酒に酔っていたり、人間関係の不調和など、

僕らが付け入る隙のある人はたくさんあります。

 

 

仮に可能性が1%だったとしても、

ナンパが成功する可能性は、必ずあります。

 

 

諦めたら、そこで試合終了なんです。

諦めずに頑張りましょう。

 

追伸:

ナンパの土台となる、

圧倒的な「魅力」と「影響力」を手に入れた

「本能的魅力=I.Aメソッド」を

持つ男になる為の情報を配信しています。

 

ナンパの手法と自分の圧倒的な魅力を磨き、

「女性に品定めされる側」の男から

「女性を自由に選べる側」の男のステージへと

駆け上がりたい方は、登録をお願いします。

http://www.3sha-re.com/aff/4820/371/403/

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ